【自然派の人必見】オーガニックの本当の意味を知ると選ぶ理由がわかる!

海外だけではなく日本でも近年健康志向の方々が増えており、スーパーなどでもオーガニック有機栽培無添加などと表示されている食材を良く目にするようになってきました。

ですが、オーガニックや無添加と言われるものは本当に体にいいのか?

農薬や添加物が私たちの体にどういった影響を与えているのかきちんと理解して摂取している人は少ないですよね。

https://natural-plus.co.jp/wp-content/uploads/2022/01/ctt52_06.jpg
NANATSUKADO

私自身もオーガニックと聞くと体に良いものというイメージが最初に頭に思い浮かびますが、オーガニックだから安心安全という考え方は本当に正しいのでしょうか?

毎日の食事や生活で積極的にオーガニックのものを取り入れている方も、今から取り入れたいなという方も、日本でのオーガニック基準オーガニックと無添加の違いなど健康で美しく長生きしていくために必要な知識を一緒に身につけていきましょう♪

国内でいうオーガニックとは?

そもそもオーガニックとは何を示すのでしょうか?

オーガニックを日本語に訳すと・・・

「本来の・有機体の」という意味を持ち、農薬や化学肥料、遺伝子組み換えなどに頼らず、土や太陽、水など自然の恵みを大切にし環境に配慮しながら行った農林水産業や加工品を指します。

日本ではJAS法(日本農林規格等に関する法律)と言われる飲食料品等が一定の品質や特別な生産方法で作られていることを保証する「JAS規格」というものがあり、オーガニックや有機と言われる食品などは、

  • 有機農産物
  • 有機農産物加工食品
  • 有機畜産物
  • 有機飼料
  • 有機藻類

の品質について定められた規格「特定JAS規格」のルールに基づいて生産されています。

>>JAS法とは:農林水産省HP<<

そしてこの規格に基づいた検査(格付け)に合格した食品だけが「有機JASマーク」をつけることができ「オーガニック」や「有機」というふうな表示を許されています。

出典:農林水産省HP

国産品も輸入品も全て対象で有機JASマークがないとオーガニックや有機、そのようなニュアンスの表現をする事はできないということになります。

また、有機JAS規格の内容には規格に定められた肥料や土壌改良資材、農薬などの使用禁止、天然物質または化学的処理を行なっていない天然物質に由来するものの使用、土壌の周辺から使用禁止資材が飛来したり、流入していないように措置をしていることなど、と細かく書かれていますが、原文をしっかりと読み進めていくと、使用条件は定められていますが一部の農薬の使用が認められていることから

有機JASマーク完全に無農薬

ということではないのです。

>>有機JAS規格の原文はこちらからご覧いただけます<<

オーガニック表示の問題

そして私たち消費者を惑わせているのが、表示の問題です!

JAS法で有機表示の規制が生じるのは

  • 有機農産物
  • 有機農産物加工食品
  • 有機畜産物(※)

の農林物質やその包装・容器・送り状

とされているため、有機JAS認定を受けていない農家さんでもホームページ上や広告、パンフレットなどには有機やオーガニックといった表示は出来てしまいます。

そのためホームページなどの情報を完全に信じてしまい購入している方は少なくありません・・・

オーガニック食品を購入する際は有機JASマーク海外のオーガニックマークがあるかどうか、有機JASマークがないとしてもその農家さんの食品を信頼できるかなどをご自身の目でしっかりと見極める必要があります。

(※)「有機畜産物」も2020年7月から有機JASマークの対象になりました。(規格あり)

世界のオーガニック機関

また、世界には世界最大規模のオーガニック認定機関「ECCERT」や厳しい基準が設けられている「ACO」など300以上のオーガニック認定機関があり、それらの機関が定めた基準を満たしたものだけがオーガニックと表示を認めらています。

これらのオーガニック認定基準の内容でも完成品の5%は化学原料が認められていたり、自然由来であれば合成品が認められている場合などもあるのでオーガニックだからといって無添加!無農薬!と勘違いしないように気を付けましょう!

オーガニックと無添加との違い

オーガニック無添加などどちらも健康を気にされている方なら一度は調べたことのある単語ですよね♪

ですがこの二つの言葉の違いはいったいなんなのでしょうか?

体に良いから選ばれるオーガニック

オーガニックという言葉は、日本では農薬や化学肥料を使用せずに作られた食品というイメージが強く根付いています。

実際のオーガニックの目的は食品の安全性だけではなく、農薬や化学肥料を使わずに水や土、大気の汚染を守る「環境保全」や保存料や着色料などの添加物や化学的な染料や塗料などをできる限り使用しない「健康的な生活」、自然の動植物を守り生物多様性を保全する自然農法のような「自然との共生」、その土地のものや季節のものを食べ生活をする「身土不ニ(しんどふじ)」などの意味が込められており、その結果食品の安全性が守られているということなになります!

https://natural-plus.co.jp/wp-content/uploads/2022/01/ctt52_06.jpg
NANATSUKADO

先ほどもお伝えした通り、オーガニックの食品無農薬の食品とは限りませんが、自然の生態系を尊重し人体に有毒なものをできる限り排除した農法を採用しているため、環境にも私たち人間や動物の体にも優しい食品であると言えます♪

また、農薬は私たちの体に様々な不調をきたす原因の一つとされているため、オーガニック食品を選ぶことによって野菜や果物の自然本来のエネルギーを体に取り入れ、より高い栄養価を吸収し、長期的に取り入れていくことで今まで体内に蓄積していた農薬やお肉などに使用される抗生物質などを大幅に減らし、人間の自然治癒力を高めることであらゆる病気を未然に防いでくれるということも大きな特徴です。

https://natural-plus.co.jp/wp-content/uploads/2022/01/ctt52_06.jpg
NANATSUKADO

お子さんがいる方は特に取り入れていただきたい食品です!

無添加は体に良いわけではない

最近では無添加○○とよく目にしますが、添加物とはいったいどういう物でしょうか?

私たちが生活していく上で食品日用品化粧品など様々なものに使用されている「添加物」ですが、添加物が多く普及するようになったのは戦後日本で食中毒が大流行した頃だといいます。

生鮮食品を食べることの多かった日本では食品の腐食や変質によって食中毒が相次ぎ、これらの問題を防ぎ安全性を保つために保存料が使われるようになりました。

食品添加物は保存料だけでなく、ゼリーやプリンなどに食感を加えるゲル化剤や、食品の色、香り、旨味を加える着色料香料甘味料うま味調味料など食品の見た目や食感、味を豊かにする役割をしています。

また、私たち消費者が食品に安さ速さを求めた結果、日本では様々な食品に食品添加物が使用されるようになり、より安く・早く・大量に生産することが可能になりスーパーやコンビニなどでより簡単に食品を手に入れることが出来るようになりました。

ですが、これらの甘味料や香料に保存料が入っているから「悪」なのではなく、安全な量を守り普通に摂取していればそれほど私たちの体には害ないと言われています。

https://natural-plus.co.jp/wp-content/uploads/2022/01/ctt52_06.jpg
NANATSUKADO

私たちの食生活がより便利になり多忙な方が多い現代では1日の食事をコンビニ食やレトルト食品などで済ましてしまう方が多いのではないでしょうか?

こういった偏った食生活を送っている方が注意しなければならないのが「摂取量」や様々な添加物の「複合摂取」です。

厚生労働省が定めている添加物の安全性を調べるテストではそれぞれ単体で行われているため、私たちが日常的に摂取している添加物を複合的に摂取した場合の安全性はきちんと検出されていません。

そのため1日3食もしくは長期的にコンビニ食や加工食品ばかりを摂取している方は添加物の解毒に労力を費やしてしまい、人間の体の本来動くべき正常な機能が疎かになってしまうため具体的な健康被害は認められていませんが免疫力の低下や体の不調などとして症状が出てしまう事があります。

無添加だから安心も△

また、「無添加」だからといって安心してはいけません。

無添加安心安全

というイメージがありますが、無添加とは「特定の物質が使用されていないこと」とされているため、保存料や着色料を使用していなければ「保存料無添加」や「着色料無添加」などと表示出来てしまい、保存料を使用していない代わりに何か他のもので代替えしているということもあるため、無添加だから安心と考えるのではなく、食品表示をよく読み余分なものが配合されていないか確かめて購入することが大切です。

体に良いとされているものでも偏った食事長期的に大量摂取すれば体に何らかの影響が出てしまうのと同じで、完全に添加物を取らないということは難しいため、最低限に抑えて自然農法や有機農法で育てられた野菜などを取り入れ、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう♪

始めやすいオーガニック食品

オーガニック生活を始めるにあたって一番取り入れやすいのが野菜果物などの食品です。

https://natural-plus.co.jp/wp-content/uploads/2022/01/ctt52_06.jpg
NANATSUKADO

毎日口にするものをオーガニックのものに変えていくことで、すぐにでもオーガニック生活を始められます♪

今やスーパーなどでも有機コーナーができていますが、野菜や果物を購入する手段としてオススメなのが産地直送の宅配サービスや農家さんや作り手の情報がしっかりと明記されている地元のマーケットでの購入など口コミや有機JASマーク、農家さんの情報などを確認して購入するのがいいでしょう!

https://natural-plus.co.jp/wp-content/uploads/2022/01/ctt52_06.jpg
NANATSUKADO

また価格が高すぎると日常的に続けていくのが困難なためご自身の続けやすい価格であるかなども見てみるといいですね♪

オーガニック食品の購入方法

大手スーパー

最近ではスーパーなどでも有機コーナーなどができ手軽にオーガニック食品が買えるようになりました。

スーパーなどで取り扱っているものはほとんどが有機JASマークなどが付いた食品のため少しづつオーガニック食品を取り入れていきたい方などにおススメです♪

ですがスーパーでの購入は他のショップよりも価格が高くなってしまい、回転率があまり良くないため鮮度は期待しないようにしましょう!

自然食品店・オンラインショップ

全国各地のいろいろなものが手に入り店舗展開しているところやオンラインでも購入できることが多いため忙しいけどオーガニックを取り入れたいという方にはオススメです。

Bio c’ Bon(ビオセボン)

フランスを中心にヨーロッパで展開しているスーパー。

オーガニックがより親しみやすく買いやすくなるようにと日本でも数店舗展開しておりオンラインショップでも購入可能です♪

こだわりや

健康、安心、安全をテーマに昔ながらの食品にこだわり素材本来の味を大切にした物などを取り揃えているスーパーです。

自然食品F&F

全国の契約農家さんから農薬や化学肥料などを極力使用していない農産物などを直接仕入れ配送までを行なっているスーパーです。

道の駅

全国各地にある道の駅では品揃えはその日によって差がありますが、新鮮な農産物を購入することができます♪

道の駅はスーパーなどと比べ表示などの基準が徹底されていないためオーガニックかどうかの見極めは難しいですが、新鮮で美味しい野菜や果物が食べたいという方にはオススメです!

オーガニックファーマーズマーケット

各地域の農家さんが直接農産物を持ち寄って販売することのできるマーケット。

生産者と消費者が直接交流することができ、より新鮮で美味しい農産物をお互い顔を合わせて購入することができます。

このマーケットを通して農業に興味をもった方々が農業体験をしたり就農することもできるため未来の農業の支えにもなっています。

まとめ

オーガニック食品を選ぶ理由いかがでしたでしょうか?

オーガニックだから安心安全、無添加だから良い!と思い込むのではなく、正しい知識を持ってご自身の食生活や健康をもう一度考えるきっかけになれば嬉しいです♪

関連記事